So-net無料ブログ作成
検索選択
韓国 2006-3月 ブログトップ

美味しいソウル その3 [韓国 2006-3月]

【3日目】

この日の朝食はホテル前「Ongee House」で鳥のお粥。



お粥は美味しかったけど、キムチの数が少なくて残念。

今日は最終日。チェックアウトをしてから最後のお買い物に。
美味しいお土産の宝庫、ロッテデパートの地下食料品売り場に行きます。
デパートの前で開店を待っていると、ワゴンでのお茶コーヒーのサービスが♪
日本でもこんなサービスをしてくれるデパートってあるんでしょうか?

デパートの店員さんはパワフルです(笑)
試食をしようものなら、気の弱い?私はその場を離れるのがひと苦労。
それでも、食べるものなら何でも揃っていますから、短い時間で買い物をするのには便利です。
HPで人気のあった海苔やお菓子、調味料、お酒などを調達。

ソウル最後の食事は「明洞餃子」へ。



お店に入ると長蛇の列でしたが、お店が広いので10分ほどで順番がきました。
カルグスク(韓国うどん)と餃子を注文。
お店によってスープの味が違うようですが、ここのはニンニクタップリの濃厚な味。
餃子はお肉の多い小籠包のような感じで、いくつでも食べられます。
食べている時は気にならないのですが、食後はニンニク臭くて大変。
各テーブルにミントキャンディーが置いてあったわけがわかりました~

ピックアップの時間まで喫茶店でホッとひと息。

 

「O'sulloc Tea House」は済州島で栽培された緑茶が飲めます。
緑茶だけでも何種類もあるのですが、私は U Jeon Ok Ro をチョイス。
製法が違うからか日本茶より柔らかい味のお茶でした。

そうこうしているうちにピックアップの時間。
ツアー定番のお土産物やさんに寄りながらバスで仁川空港に向かいます。
仁川空港のインテリアはフランスの建築家手がけただけあり、綺麗ですごく広い!!
空港内には沢山の店舗や免税店があり、イベントなども行われていて時間を持て余すこともありません。



行きと同じような魚のフリッターの餡かけ?がメインの機内食。
小さいチューブに入ったコチュジャンが韓国らしい。

■■■

もっと早く行けばよかった!
ソウルは活気溢れる所で、沢山のパワーをもらって帰ってきました。
食べ物も美味しいし、物価も日本より安く、素晴らしい文化もあり、リピーターが多いのにもうなずけます。
成田から2時間半しか離れていないのに、知らないことがたくさんあり、
びっくりしたこともしばしば・・・
もっともっと韓国を知りたいと思えた旅でした。

ごちそうさま~。


美味しいソウル その2 [韓国 2006-3月]

【2日目】
朝のスタートはお粥から。
友人が以前行った事のある「明洞多島海鮮」へ。

チョンボッジュク(あわび粥)をオーダー
中華粥と違いお米から炊くのではなく、日本のおじやに近い感じです。
ここのキムチが美味しくて、お土産に分けてもらいました。

午前はちょっと観光に。

王宮・景福宮(キョンボックン)
ドラマ「チャングム」はここ景福宮でのお話です。
その後陶磁器店などが集まる仁寺洞を散策。

昼食は明洞にある「シゴルパッサン」で田舎風韓定食です。

ご飯とスープの他に、ズラ~っと並んだパンチャンは数えてみたら25皿もありました。
これで一人たったの500W!!(約600円)
注文したケランチム(茶碗蒸し)もボリューム満点!
お昼時とあって地元のビジネスマンも沢山食べに来ていました。

午後は「貞洞劇場」(チャンドングッチャン)で韓国の伝統芸能鑑賞。
日本舞踊とは違いかなりハードな舞踊です。
きらびやかな衣装と笑顔の裏には沢山の練習が必要なんだろうなぁと
ついついダンサーの目で見てしまいました。
この劇場はとても良い“気”が流れていると聞いてきましたが、
とても静かで不思議に落ち着けるところでした。

劇場を後にして、韓国のアメ横?南大門(ナムデムン)をウロウロしながら明洞に戻ります。

韓国といえば焼肉!夕食は「景福宮」で。(王宮ではなく焼肉屋さんです)

センカルビ(骨付き生カルビ)は塩で、ヤンニョムカルビ(味付カルビ)はサンチュに包んでいただきました。
ユッケも日本の倍はありそうな盛の良さ。肉・肉・肉で大満足♪
〆は辛いもの好きの友人のリクエストでビビン麺・・・でも私には辛すぎて
ひと口食べるのがやっと。
痺れた口に甘く冷たい梅実茶(メシルチャ)が美味しかった~

■■■



こんなスタバもありました。

■■■

眼鏡屋さんが沢山あり、安くて出来上がりが早いので有名なソウル。(最近は日本も安いところがありますが)
韓国ブランドのフレームはデザインがお洒落♪
お店の人に相談したら、さすがプロ!1発でピッタリのフレームを選んでくれました。

■■■

おまけ好き?
一般のお店で買い物をすると、ほとんどと言っていいほどおまけをくれます。
化粧品を買ったら持ちきれないほどの試供品、お茶を買っても試供品、
眼鏡やキムチを買ったら海苔、お土産を買ったらキーホルダー、
コーヒーを飲んだらなぜかガーリックトーストが・・・
こんなおまけはとっても嬉しい♪
 


美味しいソウル その1 [韓国 2006-3月]

ドラマも好きだし、焼肉も大好き!
韓国に行く理由はいくつもあったのになぜか機会を逃していました。
それでもタイミングが合えば、トントンと話は決まってしまうもので、
整体の先生に韓国の話を聞いていて、行きたいモードが上がっているところに
友達の「どっかいかな~い?」とのお誘い。というわけで、H○Sに申し込んだのは出発10日前。
どこへ旅行に行くのにも、まずは食事から!
短期間ながらガイドブックやHPで調べ、美味しい旅を計画しました~♪

【1日目】
初めて乗るアシアナ航空。機内食が楽しみでした。



メインはイカと白身魚のフッリッターをピリ辛ソースで炒めたもの。
韓国風というより、中華風だったかな~?!

空港からホテルまでは旅行会社の用意したバスで移動。
バスの中では、この時期中国からの黄砂がたくさん飛んでいるので、
屋台での食事は控えた方がいいとか、
唐辛子はその昔日本から韓国に渡ってきたのでわりと歴史が浅いとか、
一般の韓国人は日本人のように毎日湯船に浸かる習慣は無く、
週に1度ほど汗蒸幕(韓国サウナ)でしっかり汗を流すのよ~とか、
興味深い話をいろいろ聞きました。
途中免税店に寄りながら、ホテルに着いたのは午後3時。

ブランチのような機内食を食べたきりなので、早めの夕食にします。
今回絶対食べたかったカンジャンケジャンを食べに「プロカンジャンケジャン」へ。

カンジャンケジャンは生の渡り蟹を醤油ベースの特性のたれに漬けたもので、
蟹の卵がのった半透明の身をしゃぶりつくように食べます。
甘くネットリとした身とたれの味がマッチしてとにかく絶品!!
甲羅にご飯を入れ蟹ミソと混ぜるといくらでも食が進みます。

韓国ではほとんどの料理にパンチャン(小皿のおかず)がたくさん付いてきます。
各種キムチ、野菜、海藻などなど・・おかわりも自由。
1日30品目食べると健康に良いと言われますが、韓国ではあっという間に食べられます。

夜は8時半からエステ♪
背中と顔の経絡マッサージを日本から予約しておきました。
サービスのフットバスで、あ~極楽。
背中の経絡マッサージで、あ~幸せ。
顔の経絡マッサージで・・・・元々痛いものらしいのですが、ちょっと痛すぎ。
小顔になるって言ってもねぇ。

長い1日を終え部屋に戻ったのが11時過ぎ。
就寝前には、エステでお土産にくれた辛ラーメンでお夜食となりました。

■■■

ホテルの目の前がコンビニだったのでとっても便利でした。

コンビニで人気のバナナマウユ(バナナ牛乳)

十六茶ならぬ17茶(笑)

その他、日本では売っていないスタバの瓶コーヒーもコンビニで売っています。


韓国 2006-3月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。